2017年11月22日水曜日

全国統一小学生テストの結果が返ってきた

全国統一小学生テストは、3年生の時に受けて以来、2年ぶり。

前回(3年生秋)、前々回(3年生春)ときて3回目だが、面白いぐらい成績が安定していて、偏差値はほぼ同じ。いつものように、算数>>国語、という感じだ。よくできたテストだ、と思うし、なおの安定感も良い。

算数も国語も、本当に少しだけだが、偏差値が向上している(だが、誤差の範囲)。

ちなみに、参考までに各模試の結果を比べてみると、算数>>国語というのはどれも変わらないのだが、微妙な差があって面白い。

なおが秋に受けたのはこの4つ。
-----------------------------------------------------
日能研全国テスト:無料、一般
全国統一小学生テスト:無料、四谷大塚塾生+一般
五ツ木・駸々堂学力テスト:有料、一般
浜学園公開学力テスト:有料、浜学園塾生
-----------------------------------------------------
ここで言う「一般」には、個人指導の塾などに通っている子どもも含む。

偏差値の関係を示すと、算数の場合、

五ツ木・駸々堂学力テスト>+5>全国統一小学生テスト>+4>浜学園公開学力テスト=日能研全国テスト

国語の場合、

日能研全国テスト>+2>全国統一小学生テスト>+4>五ツ木・駸々堂学力テスト>+5>浜学園公開学力テスト

同じ子どもが受けているので、偏差値が高い方が、受験者全体の学力が低い、ということになる。

基本的な受験者層の学力水準は、偏差値の高い順(学力の低い順)に、日能研全国テスト>全国統一小学生テスト=五ツ木・駸々堂学力テスト>浜学園公開学力テスト、となると推測できる。

五ツ木・駸々堂を受ける子は算数が苦手な子が多そうだ(または、なおと相性の良い問題が出たか)。逆に、日能研全国テストは算数が得意な子が多く受けるのだろうか。

色々と差が出るものの、どの模試でもなおの学力の傾向ははっきりしていて、課題も明らか。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年11月20日月曜日

ドリトル先生の無料本と著作権とプロジェクト・グーテンベルクと

著作権が切れた作品を集めてボランティアが管理するデポジトリ、「プロジェクト・グーテンベルク」の話を書いたのが4年前。

「オズの魔法使い」シリーズを読破した後、なおは今「ドリトル先生」シリーズを読んでいる。

著作権が著者の死後何年で切れるのか、というのは実はややこしい問題で、国によって異なる上に、TPPのような協定によって、その時々で変わってくる。

ドリトル先生シリーズの著者、ヒュー・ロフティングは1947年に亡くなっている。日本では原著は著作権が切れているようだ(戦時加算なるものもあるそうだが)。

が、アメリカでは1977年以前に発表された個人の作品はなんと没後95年保護されるそうなので(適当にぐぐった)、まだ70年しか経っていないドリトル先生の場合、まだまだだ。実のところ、保護期間の延長の法律が成立した年とか、作品が発表された年とかが複雑に絡み合ってくる。

プロジェクト・グーテンベルクは国際的なプロジェクトだが、アメリカの法制度に縛られるのか、"The Story of Doctor Dolittle"と" The Voyages of Doctor Dolittle"の2作品だけが手に入る(こちら)。

一方、カナダには独立したプロジェクト・グーテンベルクがあり、カナダでは著作権保護期間が延長されていない上に、日本のように戦争に負けたわけでもないので、比較的多くの作品がパブリック・ドメインになっている。"Lofting, Hugh"で調べると、7冊見つかる。

オーストラリアのグーテンベルクにもあるが、この7冊の他は見つからない。

カナダやオーストラリアのサイトにはKindle向けのフォーマットがないので、テキスト版をそのまま使ってKindleに移して読ませている。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年11月19日日曜日

家庭で冬期講習?その1

今日も近所の中学受験塾、浜学園の無料テスト(オープンテスト)を受けてきて、冬期講習の案内をもらってきた。

これによると、冬期講習は6日間、算国だけで1日2.5時間、計15時間。理科・社会がそれぞれ7.5時間。

ちなみに、この前もらってきた日能研だと、5時間半・6日間プラス、テスト。

どちらも、4教科で計30時間といったところか。

冬期講習に通う予定はないが、自宅で同等の量頑張ろう、ということで計画を立ててみた。

まず、長時間はまだ集中できないので、細切れに短時間の勉強を積み重ねる。

1時間(実質45分で15分休憩)を1日3回、10日間で計30回!

そして、各セッションでは、日々の勉強と同じような感じで、算数と国語を取り混ぜる。



浜学園のオープンテストは学力診断のため、という名目(実質は入塾テスト)なのは理解していたが、問題用紙すら持って帰れないのは残念。おそらく結果は届くはず(入塾許可という形で)だが、問題&答案用紙も来るのだろうか。来ないと受ける意味がほぼなくなってしまう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村