2017年6月25日日曜日

ストーリーガーデンにお邪魔した

今日はストーリーガーデンにお邪魔して、交流会に参加してきた。

参加してくださっている保護者の方々は、比較的お子さんがまだ幼いので、いろいろと質問してくださった。

が、私は自分の子どもと、それからごく少数のふだん付き合いのある親子英語関係のお子さんたちのケースしか知らず、答えに困ることも。



読みをどう進めるか、という質問をいただいたときに言い忘れたことを付け加えておこうと思う。

一つ目は、アニメ。

今はもっと新しい番組がいろいろあると思うが、我が家で役立ったのは、PBSのワードワールドSuper Why

我が家ではiTunesのアメリカアカウントを作成して、テレビにつなげたパソコンで視聴していた。

2つ目はパソコンソフト。

時間はかなり限定していたが、Reader RabbitやJump Startといったパソコンソフトで遊ばせていた。どちらも知育要素満載で、読みの強化には役立ったはず。

今だとタブレット・アプリを活用される方が多いだろうか。

3つ目はウェブサイト。

定番サイト、Starfallでよく一緒に遊んだ。



今日はなおの小さいころの取り組みを思い出して、非常にほっこり。夕食時に3人で昔のなおの様子を思い出して、みんなで懐かしがった。

両親に「あの頃はかわいかったねえ」と繰り返されて、なおもまんざらではない様子(笑)。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年6月23日金曜日

親子で使える英語教材

準1級は不合格だったが、ふだんの英語の取り組みとしては1級を視野に入れていく必要がある(まあ、実のところ、英検はもうどうでもよくなってきたが)。

そして、1級を念頭に置いた教材というのは、結局のところ、親子3人が使える教材でもある、ということに気が付いた。

そう考えると、大人でも楽しめるものがいいな、と思って選んだのが、"The Japan Times on Sunday"。Amazonで定期購読が申し込めるのが面白い。

The Japan Times On Sunday 13週定期購読The Japan Times On Sunday 13週定期購読


最近はついニュースはネットだけで確認してしまうが、ゆっくり読むのを習慣にしよう、と考えるとやはり紙媒体がいい。

何より、紙なら居間に置いておけば家族全員が楽しめる。

そして、英字新聞は日刊だと荷が重いが、週刊なら十分消化できるし、何よりお値段もちょっと手が届きやすい。

なおが興味を持てる記事が一つでも見つかれば、みんなで読んで話題にできる。今の朝日小学生新聞も結局丁寧に読んでいるのは両親(笑)

購読して、試してみないと我が家での使い勝手がわからないので、また届き始めてから、感触を報告しよう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年6月22日木曜日

受験生にしては遊びすぎ?

一応受験することにはなっているが、基本、のんびりした生活を送っているなお。

平日は大体朝6時に起きて、1時間ほどビデオを見る。30分ぐらいはゲームのプレイ動画で、後はNetflix。最近は日本語のアニメを見ることが多い。面白そうなものが日本語だったら、言語など気にせず見るからしかたない。

その後、8時前に学校へ出かけるまでにご飯を食べて、40分ほど朝の勉強。

帰宅はだいたい午後4時。習い事がない日はちょっとテレビを見た後、学校の宿題。これが1時間ぐらいかかることがある。漢字をきれいに書く、というそれだけのため。

宿題が終わったら読書でもして(だいたいKindleで英語)、夕食。

夕食後は、また読書したりビデオを見たり。8時に勉強を始め、その後お風呂と歯磨きを済ませて、9時~9時半に就寝。

一日の勉強時間は、学校の宿題を入れると2時間ちょっと、といったところだろうか。

受験生としては圧倒的に少ないが、受験しない小学生と比べると多いほうだろう。宿題以外特に勉強しない子どもも多いはず。

まあ、これが一番ゆったりしたパターンで、金曜日は友達が遊びに来るし、水曜日はスイミング。こうした曜日は夕方のテレビ視聴や読書時間が減ることになる。

また、これは別記事にしようと思うが、最近はニンテンドーSwitchの新作ゲームARMSを購入したので、15分ほどだが平日にプレイしたりすることもある。これは寝る前のchoreをすべてこなして、もう寝られる、という状態になってから。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村