2017年10月19日木曜日

かなりコントロール不能なビデオ視聴

帰国してから、Netflixを契約してみたりもしたのだが、比較的あっという間に英語アニメで気に入りそうなものは見終わってしまったので、中断。

Huluも試してみたが、日本のアニメばかりなので、ボルトとか適当に見た後、終了。

一方、4月からずっと毎日のように見ているのが、ビデオゲームのプレイ動画。気に入ったYouTuberがいて、プレイ動画を毎日熱心に見ている。今のところ、英語圏のYouTuberが中心だが、本人に何かこだわりがあるわけではないようだ。

他には、この前紹介したYouTubeの教育的なビデオ"Kurzgesagt"を見たり、CNN10を見たり。

"Kurzgesagt"はちょっと要注意!ティーン向けなので、ごくごく稀だが、小学生に不適切な表現があるようだ。

他には、YouTubeで最新テクノロジー系の動画を見つけては勝手に見てしまう。バーチャル・リアリティだの、ドローンだのロボットだのの情報が多い。

まだなんとか、居間で見ているので何を見ているのか確認できるが、どんどん自分で勝手に好きなものを見ていき、親の見せたいものを見なくなっていくのを感じる。

まあ、これも成長だ。

とりあえずNHK教育テレビでやっている海外ドラマと、D-Lifeでやっている英語音声付アニメを録画しておくことにした。数が貯まったら、後で勧めてみよう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年10月17日火曜日

天邪鬼であることと、アイデアマンであること

この前、なおが前期の通知表をもらってきた。

予想通り、算数と理科が良くて、国語と社会がまあまあ。飛び抜けて良いわけではないが、よく頑張った。

面白かったのは先生の寸評で、算数の授業などで独自の解き方を考えついて、みんなに説明するのが上手なアイデアマンだ、とお褒めの言葉が(もちろん、すべての生徒に褒めるところを見つけるのが先生のお仕事)。

この独自の解き方を考える、ということについては、以前、先生と直接お話しした際にも強調されていたので、先生にとってはインパクトが大きいところなのだろう。

クラスには、中学受験塾に通っている子も結構いるのだし、別に家庭学習で塾の教材(予習シリーズ)を使っているから、というわけでもないだろう。

これは、なおが天邪鬼であることにも関係するのではないかと思う。

目立ちたがりというのは、日本では必ずしも受けない資質だが、なおには、常に自分が!というところがある。

だから、自分だけが違う考え方をしたり、意見を持っていたりすると、主張する機会を逃さない。

それなりに風当たりも強いようだが、めげないようだ(学習しない、という言い方もできる)。

私自身も、メインストリームには反発する気性で、ベストセラーは避けるし、つい自分だけのオリジナルのやり方がないか考えてしまうタイプなので、なおのことはよくわかる。

なおの気質は、異質なものがぶつかり合って、研鑽しあう場でこそ生きる。小中高の学校生活では、生きづらいとは思うが、その後は楽になるはずなので、なんとか凌いでほしい。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017年10月15日日曜日

なお、算数で猛烈なスランプ中

毎晩やっている下剋上算数、本来はすっと問題なくできるはずの簡単な問題が中心なのだけれど、この1か月ほど、ときどき妙に単純ミスが続くことがある。

毎朝やっている予習シリーズの算数でも、本来苦手ではない分野であるはずの旅人算で苦戦中。今は、本科テキストで4年生の3月ぐらいにやった内容を、演習問題集で復習しているのに、正解率がむしろ微妙に下がっているような?

本人も、できるはずの問題でミスをするとショックなようだ。

対策は、というと、いつもよりもゆっくりと、丁寧に問題を解くこと。

睡眠時間が足りないとか、旅行に出かけたとか、そういったわかりやすい理由がないまま、注意力不足になっているのは、なおがまだ小学生だ、ということもあるのだろう。

情緒的な成長はまだまだこれから。本人のやる気と自信を失わせないように見守りつつ導いていかないといけない。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村